プロペシアを処方|プロペシアはAGA薄毛に効果あり!?しかし副作用も!?

プロペシアを処方|プロペシアはAGA薄毛に効果あり!?しかし副作用も!?

プロペシアに期待される効果について

男性型脱毛性の治療に用いられるプロペシアと言う薬は、男性の薄毛の悩みを解決する可能性のある薬として大きな注目を集めています。しかしながら薄毛治療であると言うことから毛生え薬のようなイメージで捉えている人も少なからず存在しています。しかしながらプロペシアは発毛効果を期待することができません。あくまでも薄毛の原因となる抜け毛を予防する薬であると言う理解が必要になります。
プロペシアは飲み続けることによって抜け毛の原因として作用するジヒドロテストステロンと呼ばれる男性ホルモンの働きを抑制することができます。このことにより抜け毛を抑制することができるため、相対的に発毛が増えるように感じると言うのがプロペシアによるAGA治療の本質なのです。そのため薬物治療を受ける本人に髪の毛が生えるだけの力が残っていなければ有効に作用するとは言えません。少しでも早い段階でAGA治療を開始した方が良いと言われる背景にはこのような事情があるのです。この効果はホルモンに強力に作用するという特徴があるため、男性に対しては抜け毛予防として有効に作用しますが、女性に対してはメリットよりもリスクの方が大きく表面化します。そのため女性には使えない薬なのです。

プロペシアの副作用も知っておこう

プロペシアは、脱毛、薄毛を防ぐ治療薬です。もともとは前立腺肥大症の治療薬として使用されていましたが、服用していた患者に毛が生えるという報告が多くあったことから、育毛剤にも利用できるのではないかと開発されました。

 

男性型脱毛症、いわゆるAGAの原因は、男性ホルモンの影響が大きいといわれています。プロペシアは、その男性ホルモンの生成を抑制する効果があり、それにより脱毛を防ぐことができる薬となっています。AGA治療を始めると基本的に飲み薬が処方されます。最低6か月程度摂取すると効果が感じられるといわれています。

 

プロぺシアを摂取できる対象は、20歳以上の男性に限ります。注意したいのは、副作用です。具体的な症例として、性欲減退、勃起不全、抑うつ症状、めまいといったものです。他にも、下痢や腹痛、頭痛といった症状が報告されています。現在、または将来的に子どもが欲しいと考えている人は、特に注意が必要です。服用中に通常とは異なる違和感を感じたら一旦服用を中止し、医師に相談することが必要です。

 

また、服用量を2倍にしたからといって、効果が2倍になるというわけではありません。副作用の心配もあるので、用量、用法は守って利用するようにしましょう。